◆試合結果◆
関東大学サッカーリーグ戦
第18節 2013年10月27日(日)
VS専修大学
13:50 KickOff
会場:Shonan BMW スタジアム平塚
筑波大学 対 専修大学
前半   0-0
後半   2-0
計    2-0

◆得点者(アシスト)◆
後半34分 曽山
後半36分 武内

◆メンバー◆
<STARTING MEMBER>
1  神舎宏(GK)    /広島皆実高校/ 4 年
18  早川史哉    /アルビレックス新潟Y/ 2 年
17  西村洋平    /兵庫高校/ 2 年
5  車屋紳太郎    /熊本県立大津高校/ 3 年
12  三丸拡    /真岡高校/ 2 年
3  谷口彰悟    /熊本県立大津高校/ 4 年
7  葺本啓太    /浦和Y/ 4 年
13  曽山慶太    /アミーゴス鹿児島Y/ 4 年
25 武内要 /関西大学第一高校/3年
19  若杉拓哉    /熊本県立大津高校/ 2 年
14  前原拓哉    /加治木高校/ 4 年

<SUBSTITUTE> 16  岩脇力哉(GK)    /磐田Y/ 2 年
15 八田康平 /膳所高校/4年
23 吉川修平    /柏レイソルY/1年
4 岸光 /名古屋グランパスY/3年
2 田代諒 /清水エスパルスY/3年
27  吉田直矢    /川崎フロンターレY/ 1 年
10 上村岬 /磐田Y/ 4 年

◆交代◆
後半30分 前原→上村

◆警告・退場◆
後半40分 葺本(警告)

◆戦況◆

前日の大雨から一転、雲ひとつない最高のコンディションの中で王者との緊迫感のある戦いが始まった。

お互いにチャンスを伺っている前半9分、筑波大は低い位置でのパスミスを専修大エースの仲川に奪われそのままシュートを打たれる。しかし、シュートは枠外に外れピンチを免れる。

一方筑波大も左ペナルティエリア周辺でのコンパクトなパス回しから、谷口が逆サイドの早川に低く速いパスを送る。ボールを受けた早川は右足でシュートを放つも、惜しくもバー上に外れる。

前半20分、ペナルティエリア周辺でパスを回し、曽山、若杉がシュートするも相手DFにブロックされてしまう。 しかし、そのこぼれ球を車屋が拾い、サイドで1人抜いて再びクロスを送る。これを今日初スタメンの武内がオーバーヘッドに見せかけた華麗なトラップからボレーシュートを打つも、バーに直撃。立て続けのチャンスを決めきれない。

その後もお互いにチャンスがあり、迎えた前半32分。専修大の仲川が筑波大DFラインの裏に抜け出す。しかし車屋が必死に戻り、1対1になる。現在の大学サッカー界を引っ張る2人が熱い勝負を繰り広げ、観客を釘付けにする。
結果はペナルティエリア外で車屋のファールを取られてしまうが、このファールで筑波大は最大のピンチを免れる。

この専修大のフリーキックは幸運にも壁にぶつかり、逆に筑波大のカウンターが始まる。早川が前線の若杉にロングパスを送り、これをしっかりとキープ。その後谷口→曽山と繋ぎ、左足でシュートするもゴール左に外れてしまう。
その後は専修大のペースで筑波大は何度かピンチになるシーンが増えるも、要所を締めるディフェンスで、両チーム無得点のまま前半を終える。

後半が始まると、筑波大が前半以上にチャンスを作り出す。

後半11分に早川から若杉に再びロングパスが渡り、前原→曽山と繋がるも決めきれず。

続く後半18分、谷口から前原にグラウンダーの鋭いパスが送られ、前原は1人振り切るもシュートを打てずにチャンスを活かしきれない。

さらに筑波大の攻撃は続き、後半28分。専修大DF背後に送られたパスに抜け出した前原が2人を引きつけるドリブルから中央でフリーになった若杉へ。これをダイレクトシュートするも、これまた惜しくも左角のポストに当たり、得点にすることができない。

一方、専修大の攻撃にはGK神舎が再三ピンチを防ぎ、得点をやらせない。

筑波大は後半30分に前原に変わり、上村を投入する。

上村投入直後、専修大プレーヤーがこの日2枚目となるイエローカードにより退場。相手が10人になり、筑波大にチャンスが到来する。

するとその直後、筑波大は曽山が相手右コーナー付近から中央へ踊るようなドリブルで1人2人3人と相手をかわし、左足でシュートし、ボールは右隅へと吸い込まれ待望の先制点を奪う!これには応援団も爆発するように喜びを分かち合う。

さらに後半36分。若杉→上村→若杉と繋ぎ、左足でシュートするも相手にブロックされる。しかしその跳ね返りがフリーでいた武内に繋がる。これを冷静に決め、初スタメン初ゴールと、怪我人の多い現在の筑波大に大きなアピールとなるプレーを魅せた!

その後は筑波大が安定した技術でボールをほとんど保持し、相手の反撃もやらせずに試合が終了した。

単独首位を走る専修大相手に2-0と、完封勝利で強さを見せつけ、勝ち点3を獲得した。怪我人が多いなか、この調子を来週以降にも是非とも繋げたいところだ。

◆選手コメント◆
曽山慶太選手(4年)
「怪我人も多く苦しい試合でしたが、その分魂を込めて試合に臨みました。王者の専修大相手に最高のパフォーマンスができたと思います。これからも応援してくれる方々の期待に応え続けたいと思います。ありがとうございました。」

◆次節予定◆

関東大学サッカーリーグ戦 第19節
2013年11月2日(土) VS 国士舘大学 11:30 KickOff
会場:フクダ電子アリーナ 所在 :〒260-0835 千葉県千葉市中央区川崎町1-20