「茗友サッカークラブ」の理念

歴史と沿革◆
  「茗友サッカークラブ」は、1896(明治29)年に創設された高等師範学校運動会フートボール部をその起源とする。初代主事の中村覚之助を中心に1902(明治35)年より本格的に活動を開始、1903(明治36)年には日本初のフットボール指南書である「アッソシエーション・フットボール」を発刊し、1904(明治37)年には日本人初のサッカーの対外試合を横浜外人クラブ(YC&AC)との間で行うことにより、日本におけるサッカーの先駆けとなった。
 爾来、東京高等師範学校、東京教育大学(文理科大学、東京体育専門学校、東京農業教育専門学校を含む)、筑波大学と、校名は変われども綿々と受け継がれた学校の使命を包括し、「赴任した先にゴールポストを」を合い言葉に、日本のサッカーの普及と発展に大きく貢献し、多くの人材を輩出してきた。

クラブの使命◆
1)日本サッカーの普及と発展に貢献する
2)日本サッカーのレベルアップに貢献する
3)「よい選手、よいチーム、よい指導者」の育成・強化を目指す
4)国際的かつ長期的な視野を持ちながら、社会に貢献する